観望時期とタイミングは?


観望時期は?
 ムルマンスクでは8月終わりごろからすでに見え始め、4月中旬ごろまで観望可能です。

 天候から言えば、9月〜1月頃は曇りがちな日が多いですが、近年どういうわけか太陽面における大爆発が多く、超大きいオーロラを観ることが多いです。一方2〜4月は晴れる日が多く、安定したオーロラを観望することが出来ます。


観望タイミングは?
 このサイトに度々登場する天文学者トゥロシェンコフ氏曰く、時間帯は19時〜26時がベストとのことです。


2004年〜2007年までのオーロラ観測結果総括からタイミングを探ってみよう
 2004年8月から2007年9月にかけてムルマンスクで観測されたオーロラの平均観測回数を、平均晴天率(2001年〜2006年)と併せて見てみましょう。

 下のグラフは、過去3年間におけるオーロラ観測回数の平均値(トゥロシェンコフ氏のデータによる)と、過去6年間における平均晴天率(Gis Meteoの資料より http://gismeteo.ru/)との関係を表したものです。

 晴天の定義ですが、GisMeteoの「25%,50%,75%,100%晴れマーク」のデータを収集しグラフ化、これを晴天であるとしました。実際のムルマンスクの天気ですが、秋は山の天気と同じで晴れたと思えば雨雪になったり、変化が激しいです。そこの辺GisMeteoも天気決めに難儀しているようで、晴れマークと雨マークを一緒につけているデータがありました。一方冬は2月あたりが好天によく恵まれるようです。

 グラフからわかるように、
9〜11月にかけて平均観測回数が多くなっていて、「5日に1回」のペースで観測されています。また、2月あたりは「6〜7日に1回」のペースで観測されています。天候の安定性からみて2月が比較的良く、ついで秋の順です。残念ながら近年は年末年始の観測には恵まれませんでした。
 全体としても回数として多いとは云えません。これは、近年太陽活動が極小期を迎えているためです。太陽は11年周期で盛衰を繰り返しています。太陽も人と同じく、絶好調のときもあれば絶不調のときもあるわけです。次の極小期は2008年。これを我慢して過ごせば次年からはまた増加していきます。

※ここでグラフを見る際に注意しておきたいのは、観測結果が必ずしも出現結果をあらわしているとは限らないことです。つまり、晴れ間の少ない「25%晴れマーク」が多い月に、オーロラ観測数が1,2回しか観測されなかったとしましょう。でも、晴れ間を塞いでいる75%の雲上でオーロラがひらひら舞っているかもしれない、ということです。しかし残念ながらこれは地上では観測することができませんから、回数としてカウントできないのです。また観測者は極力空を眺めていますが、学会のため移動したり他都合もあり(極めて稀ですが)、カウントできなかった日もあります。

 4や12月の結果が好晴天に恵まれているのにも拘らず回数として少なめなのは、このような理由から来ています。

 また、4月や8月は昼の長さがグンと長くなっているため、チャンスとしてもグンと低くなっている、ということも記憶に留めて戴きたいと思います。



HOME | はじめに | ムル観光 | オーロラを観よう! | 地図と交通 | ロシア留学・日本語学校 | ムルマンスク便り
ムル&コラみやげ | リンク | ミニロシア語 | BBS | サイトマップ | お問い合わせ | 広告掲載依頼


100%留学リンク集 NPO神奈川県日本ユーラシア協会 NPO日ロ交流協会 ロシア物産onlineショップ「うにべるま〜ぐ」 ムルマンスク旅行代理店「セレブロフパノイ」留学生.net ロシアンぴろしき アエロフロート

All right reserved, Copyright(C) Murmansk Personal Info. 2005.
このページの文章、画像等一切の無断使用を禁止します。また、リンクを張る際は必ずご連絡下さい。